サイトメニュー

支援制度の利用方法

悩む男性 うつ病になって仕事をするのも難しいほど悪化した時は、障害年金を利用すれば生活費を得られるので安心です。制度を利用する時は書類を用意しなければいけませんが、書く内容を工夫すると審査に通りやすく好条件で支援を受けられる場合があります。

詳しく見る

治療と所得補償問題

女性 うつ病など目にみえない疾患というのは、人の理解が得られにくく、社会復帰も遅れがちです。そのため、治療そのものも大事ですが、所得補償を含む支援が必要になります。障害年金の受給は請求制であり、とくに初診日の特定が請求の山場になります。

詳しく見る

各種制度の積極的な利用

悩む男性 うつ病の治療に専念できる環境を維持するためにも治療にかかる費用への不安を取除いておくことが必要です。現役世代のための制度である障害年金を利用すれば、各等級に応じた額が支給されるので、家計への負担を軽減させることができます。

詳しく見る

年金をもらえる

ハートと聴診器

サポートを受けるためにやること

障害年金というと、手足が不自由だったり目が見えなかったりする方がもらえるものと考えているかもしれません。しかし、肉体に障害があるのではなく精神に障害がある方も、受給の対象となっています。そのため、うつ病に苦しんでいる方でも、症状によっては、障害年金を得られるケースがあります。もしも、働けないほど酷い状況ならば、生活をサポートしてもらうために、受給を考えてみましょう。もちろん、うつ病だと自分で勝手に考えているのなら、もらえる可能性はまったくありません。まずは、心療内科や精神科で診てもらい、専門家にうつ病であることをハッキリとさせてもらいましょう。きちんと診断してもらってから、1年と半年経って、やっと申請ができるため、まだ診察を受けていないのなら早めに医療施設を訪れることをおすすめします。専門家がいない医療施設では正しい診断をしてもらえない可能性があるため、症状が治らず障害年金も難しくなる可能性があります。なお、医療施設にてうつ病だと診断されたのが、1年と半年よりも、ずっと前の方もいるでしょう。その場合は、診断されたときにさかのぼって、障害年金を受け取れる可能性があります。ただし、時効が設定されているので、5年よりも前になると、受け取ることはできないので注意しましょう。つまり、ずっと昔からうつ病の方は、申請が遅くなれば遅くなるほど、損をすることになります。申請は今すぐ始められるので、やり方が分からないのなら、インターネットなどで手続きの方法を探してチャレンジしてみましょう。

うつ病で障害年金をもらいたいのなら、精神科や心療内科は、評判のよいところを選ばなければいけません。それは、申請の手続きをするときに、必ずドクターが書いてくれた診断書が必要となるからです。適当な治療しか行ってくれない医療施設を利用してしまうと、診断書の中身も適当になってしまうかもしれません。そうなると、障害年金の審査に通りにくくなるので、満足できない結果になってしまうでしょう。評判のよいドクターがいる精神科や心療内科ならば、患者に寄り添ってきちんと治療をしてくれます。そのため、本当に障害年金が必要ならば、完璧な診断書を書いてくれるので、安心して審査に挑めるでしょう。ちなみに、診断書は自費治療の分野になるので、保険が使えないため、5000円以上になると考えておいたほうがよいです。普段の治療費よりもずっと高くなるかもしれませんが、一回限りなため、躊躇わずに書いてもらうようにしましょう。診断書がなければ、障害年金の申請は行えないので、書いてもらわないという選択をしてはいけません。なお、障害年金の受給をサポートしてくれる専門家もいるので、不安ならば、頼んでしまいましょう。うつ病だと、やる気がまったく起きず、さまざまな手続きやろうとは考えられないかもしれません。そのときも、サポートしてくれる専門家は役に立ってくれるので、多くの作業を任せてしまいましょう。専門家にサポートをしてもらえば、完璧な書類を用意して手続きを行ってくれるため、自分一人で申請するよりも、ずっと審査に通りやすいです。